嵐と関ジャニ∞を心から応援するblog。
どちらもメンバー全員大好きです。
…が、嵐の黄色さんと緑色さんに滅法弱い。
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Others


スポンサーサイト
2011/08/31

一定期間更新がないため広告を表示しています


ビトくん。
2009/06/26 23:59


スマイル最終回!


あぁ〜泣いた。久々にドラマで泣いた。
私は音楽で泣くことが一番多いと思うんですが、
珍しくドラマでぼろっぼろに泣いちゃいました。
今日家に一人で本当に良かった…!と思った(苦笑)

近くに誰かいると泣かない、というめんどくさい人間ですが
無駄に感情移入がお得意なaikoさんなのでね。
一人で見終わって思うのは、
今日のスマイルは涙を堪えられる自信がゼロでした。ということ。
大抵は泣くという感情をセーブ出来るんだけど(意識的にも無意識的にも)
きっと今日のは無理だっただろうな〜って思う。本当に。
ちょこっと感想書きますね。

**

生きるってさ、
まだそんな長くも生きてないけど
本当はそれだけですごく素敵なことじゃないのかな。
価値あることじゃないのかな。

私は誰のために生きてるの?なんて思うことが最近あったけど、
自信を持って「自分のため」と言えなくてもいいのかなって思った。
自分がこのタイプでね、まああんまり理解してもらえないんだけど。
ねぇ、貴方は誰の為に生きてるの?って聞いて
即答で「自分のために決まってるじゃん」と言える奴が凄いと思う。
そういう人には必ずといって良い程聞かれる。
「じゃあ何で他人のために生きなきゃいけないの?」って。

自分の周りに関係する人がいる限りは
自分がいなくなって少しでも嫌だと思う人がいる限りは
その人の為に生きていたいと思う人間だから。私はね。
誰かの役に少しでも立ててるなら、そこに生きてる意味がある。

私は自分が生きたいから生きる、とは少し違う。
好きなことをしたいから生きてるのとも違う。
これが自分の人生だから生きてるのとも違う。
そこまで自分自身の人生にまだ価値を見出せてないのかな、とも思う。

でもやっぱり私という存在が
誰かの心の構成要素として必要なら生きてたいって思っちゃうんだな。
本当に誰からも必要とされなくなった時に
私は初めて自分のために生きる人生を始めると思う。


誰のために生きてる?
自分のため、が正しいんだとばかり思ってた。
だからずっと苦しかったんだって気づいた。

その答えが必ずしも自分のためじゃなくていい。
周りの人のためにも生きよう!って人生もありなんだよね。


ビトくん、今までの考えが少し楽になったよ。
潤くん、キャストの皆さん、スタッフさん、関係者の皆様、
素敵な作品を本当にありがとうございました。



Please one click!!

ジャニーズブログランキング ←ポチッとな♪


ザ・クイズショウ
2009/06/24 20:00
 
少し前の話になりますが、

クイズショウ最終回

翔さん横ちょ、キャストの方々・スタッフさん。本当にお疲れ様でした!
クイズショウは初回から最終回まで一回も見逃すことなく全部見ました。
ということで、かなーり正直な感想を書こうと思います。


まず、本間俊雄こと横山君の誕生日記事でも書きましたが
中盤まではクイズショウの面白さがあんまり分かりませんでした。
毎回MC-KAMIYAMAの同じ台詞で始まり、同じ台詞で終わる…。
・神山悟は記憶を失っていること
・本間俊雄は何かを知っていること
それしか分からなくて、
ただ単にクイズショウって番組だけが毎週行われていて。
すんごい失礼な話だけど「このドラマどうなんだろう?」って思ってた。
二人のファンっていう贔屓目で見てもそんなに面白いとは思えなかったな。

そんな心が揺れたのは桂木(堀けんさん)と冴島Pが
回答者になった回で “家族”について考えたとき。
MC-KAMIYAMAの言葉がすっと心に入ってきた。
私は自分の家族や身内に今までいろんなごたごたがあって、
家族についてたくさんのことを考えてきた。
家族って本来どういうものだっけ?ってよく思ってた。昔から。
だからこそ、親子について説く神山に泣きそうになったのかもしれない。
だからこそ、あの最終問題を正解にした神山に安心したのかもしれない。
何を安心したのかも分からないけど、なんだかほっとした記憶がある。
まあ冴島Pの件は本間君めちゃめちゃ怒ってたけどね(笑)

それから少しずつ内容が濃くなっていって、最終回の前の回。
あのラスト(本間君が屋上にいたシーン)で話の結末が
なんとなく分かっちゃったんだけど(笑) 最終回もちゃんと見ました。
やっぱりなーって思う部分もあったけど、
真実を知った二人のやりきれない想いとか
本間さん呼びから「本間…」に変わった神山とか
警察の前で振り返った本間の目の前に広がるひなげし畑とか
美咲が読んでた本に出てくるのと同じ、
ひっくり返った本間君の時計が元に戻ったところとか
今まで見てきて良かったな〜なんて素直に思いました。


放送が始まった頃、誰かスタッフさんが雑誌のインタビューで
「正直このドラマを面白いと思っていないスタッフもいると思う」
と答えていらっしゃって何だか衝撃的でした。
作り手ってどうしても作品に愛情がこもってしまうものだけど、
視聴者と同じ考えのスタッフさんもいるんだなって(笑)

きっと最終回を終えた今、視聴者と同じ感覚を持ったスタッフさんなら
皆さんクイズショウが大好きなんだろうなーって思いますね。

相変わらずなんだか理屈っぽい感想になってしまいましたが、
改めて翔さん横山君3か月間お疲れ様でした!

新ドラマ
2009/04/19 15:24

ドラマについて書きたいところだけど、まずはこっち。

翔さんが…ちゅーしたーーーっ!!!

って言っても何を思ったのか私、テレビの前で爆笑してましたけども(笑)
いやー笑った笑った。バラエティ的に満点だよ翔さん
しないぞしないぞって空気の中でまさかのオチ!素敵!

外出中で見れなかった翔担の友達に報告メールしたら
「翔さんがー。・゜(*ノД`*)・゜・。」ってショック受けてたけどね(笑)
だから一応「大丈夫だ!ほっぺに軽くだ!笑」ってフォローして(←なってないよ)
一人でお腹抱えて笑ってた。面白すぎ、翔さん

あと相葉ちゃんとパンくんの身体測定も面白かったー♪


で、やっとドラマのお話!
終盤、あややと二人きりのシーンでの横山さん
帰り際のカッコつけてる感120%なのがいい!
これまた標準語横山さんに慣れるのに時間がかかりそうだな…
有閑の時もそうだったけど笑うとこじゃないって分かってても、
最初はどうしてもこっ恥ずかしくて笑っちゃうのね(最低)
なんかもうね、カッコよすぎてダメなんだよね!

ドラマ本編に関しては…謎が多すぎてまだ何とも言えないかな。
どうも3話くらい見ないと世界観が把握できない。
あ、でも翔さんの英語には驚いたけどね(笑) 


よし、今日は少クラと剛紫さんのうたばんだー!
どっちも楽しみ過ぎる。


続きにりおちゃんと准華さんにお返事ですー☆



Please one click!!

ジャニーズブログランキング ←ポチッとな♪


続きを読む >>

障害について考える。
2009/04/03 23:47

↓1日に書いたもののUPし忘れた記事です(笑)↓


エイプリルフールにこんばんは。aikoですけども。
特に嘘をつくこともなく、一日を終えようとしてます。
もう毎年の事だけど(笑)

もうちょっと遅い話ですが、DOOR TO DOOR

高校の時に部活でよくボランティアとして
障害を抱えた方がいらっしゃる所にお邪魔したりしてたんですね。
お話したり遊んだり、教えてもらって一緒に仕事したり。
自閉症の方も脳性まひの方も、今までたくさんお会いしてきました。

それでもひでちゃんには全くと言っていい程に違和感を感じませんでした。
いるいる、こういう人!って思いながら見てました。

そこに間違いなく倉沢英雄っていう人間がいて、そこには確かに人生があって、
って思えるのは“役者二宮”の凄さなんだろうな。

今に始まったことじゃないけど、私みたいにアイドルな二宮さんも知っていて
少なからず嵐の二宮和也って意識がある中でここまで人を引き込めるのは凄い。
本当にそう思う。


それでね、ドラマ見てもう一回障害ってものについて考えた。

私小さい頃から何でか分かんないけど「障害者」って言葉が嫌いで。
「障害者」って言葉を言う人見てると、すごく嫌な気持ちになるのね。
現代の障害者って言葉にはなんか偏見も混ざってる気がして。

私の場合、物心ついた時にはお祖父ちゃんの左半身が少し不自由でね。
昔は幼かったから理由なんて理解出来なかったけど、不思議だとも思わなかった。
ただちょっと困ることがあったら私が助けたらいいかなってだけで。

お祖父ちゃんのこともそうだし高校の時の経験からいっても
私は障害を持っている人がいたってそれを“特別”だとは思わない。
だって障害って言ったってそれはさ、背が高いとか低いとか目が大きいとか
丸顔だとか指が長いとか、そういうことと何にも変わらないんだもん。
全部ひっくるめてその人でしょ?と私は思う。

これからもこの考えは変わらないんだろうな。うん。


いいドラマでした。
ひでちゃんは運が良かったよ。現実はもっと厳しいんだろうなと思う。
もっとたくさんの人が知ることで偏見って無くなっていくんじゃないかな。
無知ってことが一番怖いと思う。